貿易会社への転職【グローバル時代は様々な国と様々な取引を行う】

記事一覧

書類審査と面接が中心

バスの運転手

資格や技術は不要

バスの運転手になるには、バスを運行している会社に就職する必要があります。求人情報にも出ますし、それぞれのバス会社がバスに募集の広告を出しているときもあります。それらの募集要項に従って応募をします。バスの運転手に必要な資格として、大型2種免許があります。通常は普通1種免許しかないので応募できないと思っている人がいるかもしれません。すべての求人ではありませんが、多くは資格や経験などは不問としています。バスの運転手になるまでの流れとして、まずは履歴書や職務経歴書などを提出します。車の運転の仕事であり、さらにお客さんを乗せる仕事なので、それぞれの経験があればしっかりアピールしましょう。もちろんどちらのアピールがない時でも志望動機ややる気などをしっかりアピールしましょう。書類審査に合格すれば面接になります。所定の日の所定の時間が指定されるので、面接に向かいます。バスは定時発着が必要な仕事なので、時間に遅れないように面接会場に行きましょう。面接では、バスの運転手として問題がないかの質問などが行われます。運転に対する不安があったり、接客が苦手な人はこの仕事をするのは難しいです。普通自動車の免許しかなくても、運転や自動車が好きであることをしっかり伝えるといいでしょう。面接を終えると後は結果を待つのみです。問題が無ければ採用通知が来るので、それを受けるならその連絡をします。免許がない時には採用後に資格取得のサポートが受けられたり、実車訓練などを行います。